IMG_3787
朝晩冷え込み具合が増していますねぇ。

そんな中、私の住む地域の日中は、日差しもきつく作業中は汗をたらす程の暑さでした。


まずは、このウッドデッキならぬテラス?は、外観的に木製ですが、骨格はサス鋼材を使用しています。

骨格は親戚が鉄鋼業を営んでおり、その方からの新築祝いとして作製していただいた物。
しかし、かなり分厚い鋼材で木材との融合に苦労しました。

さて本日の作業は、以前お話してましたウッドデッキ下収納の扉改修作業を少々。

本当は、扉2枚をつなげてしまい、ボールベアリグとレールを駆使して、シャッター式にしたかったんですが
予算的にも工数的にも、旨味がなく現状のまま改修する事にしました。

改修内容は、扉の補強と蝶番のサイズアップ。


IMG_3792

右の蝶番が現行の物で、左が交換する物です。

ラティスの重量は2kgですが、屋外で風にも煽られるので、少々大きめの物をチョイスしました。

その前に、扉に使用したラティスですが、某国製の物で幅900mmの物。安価でした。

ただ、家のウッドデッキ支柱感覚に会わず、全て追加加工を施しています。

一度、全解体をして、ルーバー部を適正サイズにカットし、枠の上下もそれに合わせてカットし
それらをもう一度組み直しています。

IMG_3790

組み直しをしているからか、外枠の強度不足が目立つんですよね。


と言う事で、角部に補強鋼材を取り付けます。L字の鉄板を1枚追加する事で2辺はがっちり。

写真は、ビフォー ⇒ アフターです。改修前の隙間も、きっちり修復されました。

IMG_3789   IMG_3791

次に、蝶番を取り付けるんですが、サイズが大きくなれば厚みも増すので、それに対応するため
取り付け部にザグリを入れます。

以前、『本棚を作る』でご紹介した『トリマ』くんの出番です。

IMG_3793

ホントは、クランプをしっかりした上で作業したかったんですが、午後からの予定もあり時間が無く
手抜き工事で、加工面は少々荒れています。。。

これを上下の2か所施して蝶番を取り付け。

支柱に固定までしたかったんですが、タイムリミットとなり、本日の作業は終了。。。

しかし、この作業を扉10枚分行わなければならないので・・・ちょいと気が遠くなりますね。

明日はお休み、出かける予定もありますので、せめて1枚の取り付けまでしておきたいですね。。。